36歳からの英語学習 | Category : 雑記
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウトプット

  • 2009/05/24 22:59
  • Category: 雑記
最近、よく感じる事なんですが、自分の話したい内容(ブログもそうです)を全部相手に伝え切れていないというフラストレーションをよく感じています。今年に入ってから、急に多く感じ始めました。

この感覚を打開するために、これからは「人と話す。ブログをもっと書く。」と言う事を、もっと増やしていく必要があるのでしょう。しかし僕には人と話す時、相手がどう思うかを気にしすぎたりして、ちょっと身構えてから話す傾向があります。それをなんとか克服していきたいとですね。
でも、それってよくよく考えると、結局は人と多く話すという事が一番効き目があるという事に考えが戻ります。

同じ職場のO君は、話す前に身構えたりしていないようです。根っから会話が好きなんでしょうけど、自分もそうなりたい。

ブログも今より頻繁に、更新していきたいと思います。




最近、仕事で思う事。

  • 2009/05/03 20:51
  • Category: 雑記
僕は40歳くらいになったら今の会社を辞めるつもりでいました。

九州に住んでいる両親の面倒を将来見る事や家の事が頭にありましたが、元々技術職で入社したのに、自分には合っていないと思っていた営業をやる事になり、面白くなかったのが一番の要因です。

今の業界で、「一応何処行っても通用するんではないか」という漠然とした自信はあったのですが、英語の勉強を始めたのも、転職に何か役立つかもしれないという甘い考えが合ったのも事実です。

ところが、両親と将来の話をした時に言われたのが、将来は両親の方が、僕の住んでいる埼玉に来てくれるとの事でした。

今の仕事を辞める理由が無くなったのです。

そして、仕事がガラッと変わりました。

今まで、いつか辞めると思っていた大嫌いな営業の仕事が、最近は営業も面白いところがあるかもしれないと思い始めました。心境の変化でこれだけ仕事が変わるのかという思いです。少なくても仕事に対するストレスが随分無くなりました。

仕事が順調という訳ではないですが、ストレス無く出来るようになると、色々と目が行くようになり、最近は仕事に関する勉強もしようと思うようになってきました。

英語にも充分時間を割きたいし、困っていますが、なんだか嬉しい悩みでもあります。


久しぶりの更新です。

  • 2009/02/01 21:24
  • Category: 雑記
本当に久しぶりの更新です。
昨年の11月後半から百日咳を患い(百日咳と分かったのは年末なのですが・・・。)、夜まともに寝られない日が3週間程続き、それに加え年末年始には風邪を引いてしまい、散々な年末年始でした。
身体を大事にする大切さを本当に実感しました。
英語の勉強の方は11月後半から週間STとiknowをチマチマ続けている位で、量的には随分減ってしまい、1月の英検もパスしました。
ここ最近は体調も良く、咳も相当収まってきたので、英語の勉強も前のペースまで増やしていきたいと思います。とはいえ、一度減ってしまった勉強量を元に戻すのは結構大変で苦しんでいます・・・。

教育勅語

  • 2008/11/23 01:33
  • Category: 雑記
「たけしの日本教育白書」を見ていたのですが、教育現場でもYESかNOか、黒か白かと何かと区別をはっきりつける傾向があるんだなと思いました。物事の進み方が何事も早い現代では、当然と言えば当然の流れなのでしょうけれど、教育の中身まで2極化、数値化して果たして良い物かと色々考えさせられました。日本人は物事に白黒をハッキリつけるより、曖昧な部分が残っている方が上手くいくようにおもいうのですが・・・。
自分自身としてはゆとり教育反対で全国一斉の学力テストは賛成でしたが、これも数値化といえば数値化ですね。子供達の学力だけを追求するとまずいと思いますが、学校ではそれと一緒に道徳の時間を充実が大切だと思います。

戦前は教育勅語が教育の基本理念であり、子供達はまず教育勅語を暗記させられたそうです。先日、祖母が上京してきて修身の話になったのですが、祖母は今でも教育勅語を暗唱できました。教育に関しては、このような基本理念を日本人全てが持って、同じベクトルを向く努力が必要と感じています。

 教育に関する勅語
朕思うに我が皇祖皇宗国をはじむること宏遠に徳をたつること深厚なり我が臣民克く忠に克く孝に億兆心を一にして世世その美をなせるは此れ我が国体の精華にして教育の淵源また実に此所に存す爾臣民父母に孝に兄弟に友に夫婦相和し朋友相信し恭倹己を持し博愛衆に及ぼし学を修め業を習い以て智能を啓発し徳器を成就し進んで公益を広め世務を開き常に国憲を重んじ国法に遵い一旦緩急あれば義勇公に奉し以て天壌無窮の皇運を扶翼すべし是の如きは独り朕が忠良の臣民たるのみならず又以て爾祖先の遺風を顕彰するに足らん
この道は実に我が皇祖皇宗の遺訓にして子孫臣民の倶に遵守すべき所之を古今に通じて謬らす之を中外に施して悖らす朕爾臣民と倶に拳拳服膺してみな其の徳を一にせんことを庶願う
 明治二十三年十月三十日
御名御璽

おじいちゃん戦争のことを教えて」では、主語の天皇が引っかかる人は日本とか日本国民に置き換えると全く抵抗なく受け入れられると説いています。

言語以外の情報の伝達

  • 2008/11/17 23:41
  • Category: 雑記
週間STに同時通訳者の新崎隆子さんがコラムを書いていますが、ちょっと古い記事ですが非常に感慨深かったので紹介します。

(引用開始)Albert Mehrabianによると、人間のコミュニケーションのうち言語に頼る部分はわずか7パーセントで、顔の表情や声の調子の方が圧倒的にものをいうそうだ。言語を扱う通訳者としては少々抵抗を感じるが、確かにこれだけ情報技術が発達した時代に、なぜわざわざ何時間も飛行機に乗ってこんな遠いところに人がくりのかと考えると、明らかに言語以外の情報の伝達が主な目的なのであることを認めざるを得ない。(引用終了)

自分の仕事での人の接し方が、電話やメールに頼り切っていたと言うことです。特にメールは便利だし記録としても残るので頼り切っていた部分が多いです。人との円滑なコミュニケーションは、やはり実際に会って、お互いの顔を見て色々と話す事が如何に大事かを改めて思い出させられました。

Pagination

Utility

NHK時計(木目調)

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

FC2カウンター

プロフィール

tact

Author:tact
30代になり、「このままじゃいけない気がする」とは常々思いながら、単調な毎日を過ごしてましたが、「大人の英語独学マニュアル」というブログを偶然見つけて非常に感銘を受けました。

中学2年の英語の教科書が思うように理解できないレベルだったのですが、自分でも出来るかもしれないと思い、2006年8月から英語学習を始めました。

今まで、英語学習をしている方の様々なブログを読ませていただきましたが、皆さんもともと学生時代に英語が相当出来る方達ばかりです。私のように低レベルから、英語を再学習する人のブログは殆どありません。
果たして自分にも英語を習得することは出来るのかと不安でしたが、そんな低レベルからの成長過程が、これから英語を再学習しようと思う人たちの励みに少しでもなればと思っています。

現在は英検準1級を目指して勉強中です。

目指すレベルは辞書を引かずに洋書を楽しめるようになる事です。

ブログリスト

お気に入りブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。