36歳からの英語学習 | アメリカ(ヒストリカル・ガイド)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ(ヒストリカル・ガイド)

  • 2008/06/25 00:25
  • Category:
アメリカ (ヒストリカル・ガイド)アメリカ (ヒストリカル・ガイド)
(2004/08)
有賀 貞

商品詳細を見る


植民地時代からイラク戦争まで、アメリカの歴史全般に関して記述されています。

興味深かったのは、アメリカが奴隷制度や公民権運動に多くの犠牲を払って人種差別の撤廃を行ってきた事です。
昔は「アメリカの奴隷制度や人種差別などは酷いな」と漠然と思っていたのですが、今冷静に考えてみると部落問題、アイヌ問題、在日外国人の問題など日本は表立っていないだけで、アメリカより更に人種差別が酷いのではないかと感じています。(自分でも自然と差別的な考えを持つ事が多いです。)
人口減少の歯止めに大幅な移民受け入れという話しもありますが、それには人種差別の問題も同時に深く考えていかなければ上手くいかないのではないでしょうか。

もう一点、興味深かった点は、アメリカが引き続き移民政策を採っていて、今後も続くという事です。
アメリカは当初、欧州からの移民が多く、宗教はプロテスタントが主流でしたが、ここ最近はヒスパニック系とアジア系の移民が多く、宗教でもカトリックがプロテスタントの人口をひっくり返したとの事です。
そしてアジア系では特に中国からの移民が多く、彼らの多くは日本に対して過去の大戦から日本を快く思ってないようです。
今後もこれらの移民の流入により、アメリカの世論はいかようにも変化する可能性があるということを、頭においておく必要があるのかなと考えさせられました。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://36karanoeigo.blog115.fc2.com/tb.php/290-deacaaa0

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

NHK時計(木目調)

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

FC2カウンター

プロフィール

tact

Author:tact
30代になり、「このままじゃいけない気がする」とは常々思いながら、単調な毎日を過ごしてましたが、「大人の英語独学マニュアル」というブログを偶然見つけて非常に感銘を受けました。

中学2年の英語の教科書が思うように理解できないレベルだったのですが、自分でも出来るかもしれないと思い、2006年8月から英語学習を始めました。

今まで、英語学習をしている方の様々なブログを読ませていただきましたが、皆さんもともと学生時代に英語が相当出来る方達ばかりです。私のように低レベルから、英語を再学習する人のブログは殆どありません。
果たして自分にも英語を習得することは出来るのかと不安でしたが、そんな低レベルからの成長過程が、これから英語を再学習しようと思う人たちの励みに少しでもなればと思っています。

現在は英検準1級を目指して勉強中です。

目指すレベルは辞書を引かずに洋書を楽しめるようになる事です。

ブログリスト

お気に入りブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。