36歳からの英語学習 | 英会話が弱くて思う事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英会話が弱くて思う事

  • 2007/07/22 22:37
  • Category: 英語
英会話が弱くて思う事
編集 | 削除
今日は1時間ほど英会話をする機会があったのですが、話すのがホントに弱いです。語彙力が無いというよりも(語彙力ももちろん無いのですが)、アウトプットできる文法力といいましょうか、この辺が一番無いような気がします。自分で英文を作り出す能力が大きく欠けているんですよね。これは常日頃から感じていたところです。 このアウトプットできる英文法力を養うにあたっては、英文日記が良いだろうと前々から思っていたんですが、もうちょっと語彙を増やしてから、もうちょっと文法を勉強してからと後回しにしてきました。そして、今もこれ以上学習時間を増やすことは難しいので、必要とは思っているんですが後回しになってしまいます。でも、いつかは始めないとな~と感じています。 この辺りの学習内容の選択は常に付きまとう悩みです。 Re-start : Lesson162,145,144 : 2h リスニング : ALL IN ONE聞き流し : 2h リーディング : Huckleberry Finn(洋販ラダーLV2) : 0.5h ボキャリ・ノート : 1.5 h 昨日と今日の学習時間 : 6h
by 36karanoeigo | 2007-07-22 22:37 | 英語 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://eigo36.exblog.jp/tb/6543173 トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by かいちゃん at 2007-07-23 19:30 x
わたしも話す英語には自信がありません。帰国子女のようにスムーズに自然に英語が口から出てきません。どうしても頭の中でいったん英文を作ってから、英語を発音するので、ワンテンポ遅れたりします。以前はもどかしさを感じることがありました。 しかし最近は開き直り、自分の英語はこれでいい、そのかわりに話す内容を高めようと思うようになりました。「あなたの趣味は何ですか?好きな食べ物は?」的な内容のないスムーズな会話より、たどたどしくても、「文化、歴史、宗教感の日米の違い」と言った話題を外国人は好みます。だからいまは極力インプットを重視しています。ひとつのテーマで数多くの本を読み、それについてじっくりと考えて、文章を書いて推敲するようにしています。
Commented by かいちゃん at 2007-07-23 19:31 x
日記を英語で書くことは、確かに表現力等を高めますが、もし学習時間を増やすことができないのであれば、無理をせず、たとえば一週間に1回とか、二週間に一回、タクトさんの得意な分野、あるいは興味のある分野についてエッセイを書いたらどうでしょうか。外人と話すときはそのテーマに強引に持っていくと、結構話が盛り上がります。 いまはあまり焦らず、インプットに重点を置くべないかもきではないかと思いますが…。
Commented by かいちゃん at 2007-07-23 19:34 x
訂正 いまはあまり焦らず、インプットに重点を置くべないかもきではないかと思いますが…。 → いまはあまり焦らず、インプットに重点を置くべきではないかと思いますが…。
Commented by 36karanoeigo at 2007-07-23 20:02 x
かいちゃん、こんばんは。 そうですね、基本はインプットに置くようにして、1日の中に組み込むのではなく、土日とか時間取れる時にやってみようと思います。 アドバイスありがとうございます。 ところで、ボキャリノートの進め方でお聞きしたいんですが、 ロングマンで調べた定義が本当に自分の解釈で良いのかが不安になって、英和で意味を確認したくなるんですがそれは我慢しています。 (日が経つにつれて確度は上がっていると思いますが・・・。) そして、ロングマンの定義の中にも知らない単語が出て来るんですが、それは英和辞典で意味を確認しています。意味を確認するだけで特にノートはしていません。次の日忘れてたら、また英和で調べてます。 こんな感じでいいんですかね? 仕事は終っているのに帰れない・・・。今日は勉強できないかもです。
Commented by かいちゃん at 2007-07-24 06:19 x
お早うございます。 社会人がやり直しの英語学習するって大変ですよね。仕事の付き合いとかあって早く帰れない時は、無理して勉強するべきではないと思います。学生のころと違って、「何日までにこれを学習しないと試験に受からない!」なんてタイムリミットがあるわけではないので、気楽にいくべきかと思います。社会人の場合日常生活に重点があるので、あくまで英語学習は自分の好奇心を満たすための余暇的なものと考えられる方が長続きするような気がします。 初めの頃はロングマンを使っていて、自分のディファイニングが正しいかどうか不安になることは、私もよくありました。そんなときは遠慮なく英和辞典を調べた方が良いと思います。そんな風に使い続けていると、時間が経つに連れて自分のディファイニングに自信が出てきて、いずれ和英辞典離れができるようになります。
Commented by かいちゃん at 2007-07-24 06:20 x
定義の中で知らない単語が出てきたら、これも遠慮なく英和辞典を使って調べましょう。そこで英英辞典で調べると悪循環地獄に陥っちゃうといけませんから。ところでロングマンの定義は基本2000単語で説明されていますので、ロングマンの付録についている基本2000単語集で、語彙チェックをしてみてください。もし八割以下しかわからないようであれば、まずその2000単語を丸暗記してください。そうするとロングマンが使いやすくなります。 ロングマンの定義に知らない単語が出てきても、とくにノートに意味を書き取る必要はないでしょう。あまり細かにやっていくと時間が足りなくなってしまいます。ロングマンを使ってボキャリノートを作る大きな目的は、なるべく多くの英文を意味ごとに読む訓練を積むことにあります。ボキャリノートに書き取ることが目的ではありません。 いまの学習をキープしていれば、かならずグッと伸びると思います。がんばって下さい。
Commented by 36karanoeigo at 2007-07-24 23:37 x
ロングマンの基本2000単語集知りませんでした。一番最後にありますね。これは良いですね。 ひと目8割はクリアしてるような気もするんですが、知らない単語もありますので、一度チェックしてトイレとか目に付くところに貼って、常に触れるようにしようかと思います。 ありがとうございました。
非公開コメント

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://36karanoeigo.blog115.fc2.com/tb.php/127-538e96c2

Comment

かいちゃん

わたしも話す英語には自信がありません。帰国子女のようにスムーズに自然に英語が口から出てきません。どうしても頭の中でいったん英文を作ってから、英語を発音するので、ワンテンポ遅れたりします。以前はもどかしさを感じることがありました。
しかし最近は開き直り、自分の英語はこれでいい、そのかわりに話す内容を高めようと思うようになりました。「あなたの趣味は何ですか?好きな食べ物は?」的な内容のないスムーズな会話より、たどたどしくても、「文化、歴史、宗教感の日米の違い」と言った話題を外国人は好みます。だからいまは極力インプットを重視しています。ひとつのテーマで数多くの本を読み、それについてじっくりと考えて、文章を書いて推敲するようにしています。

かいちゃん

日記を英語で書くことは、確かに表現力等を高めますが、もし学習時間を増やすことができないのであれば、無理をせず、たとえば一週間に1回とか、二週間に一回、タクトさんの得意な分野、あるいは興味のある分野についてエッセイを書いたらどうでしょうか。外人と話すときはそのテーマに強引に持っていくと、結構話が盛り上がります。
いまはあまり焦らず、インプットに重点を置くべないかもきではないかと思いますが…。

かいちゃん

訂正
いまはあまり焦らず、インプットに重点を置くべないかもきではないかと思いますが…。 → いまはあまり焦らず、インプットに重点を置くべきではないかと思いますが…。

36karanoeigo

かいちゃん、こんばんは。
そうですね、基本はインプットに置くようにして、1日の中に組み込むのではなく、土日とか時間取れる時にやってみようと思います。
アドバイスありがとうございます。
ところで、ボキャリノートの進め方でお聞きしたいんですが、
ロングマンで調べた定義が本当に自分の解釈で良いのかが不安になって、英和で意味を確認したくなるんですがそれは我慢しています。
(日が経つにつれて確度は上がっていると思いますが・・・。)
そして、ロングマンの定義の中にも知らない単語が出て来るんですが、それは英和辞典で意味を確認しています。意味を確認するだけで特にノートはしていません。次の日忘れてたら、また英和で調べてます。
こんな感じでいいんですかね?
仕事は終っているのに帰れない・・・。今日は勉強できないかもです。

かいちゃん

お早うございます。
社会人がやり直しの英語学習するって大変ですよね。仕事の付き合いとかあって早く帰れない時は、無理して勉強するべきではないと思います。学生のころと違って、「何日までにこれを学習しないと試験に受からない!」なんてタイムリミットがあるわけではないので、気楽にいくべきかと思います。社会人の場合日常生活に重点があるので、あくまで英語学習は自分の好奇心を満たすための余暇的なものと考えられる方が長続きするような気がします。
初めの頃はロングマンを使っていて、自分のディファイニングが正しいかどうか不安になることは、私もよくありました。そんなときは遠慮なく英和辞典を調べた方が良いと思います。そんな風に使い続けていると、時間が経つに連れて自分のディファイニングに自信が出てきて、いずれ和英辞典離れができるようになります。

かいちゃん

定義の中で知らない単語が出てきたら、これも遠慮なく英和辞典を使って調べましょう。そこで英英辞典で調べると悪循環地獄に陥っちゃうといけませんから。ところでロングマンの定義は基本2000単語で説明されていますので、ロングマンの付録についている基本2000単語集で、語彙チェックをしてみてください。もし八割以下しかわからないようであれば、まずその2000単語を丸暗記してください。そうするとロングマンが使いやすくなります。
ロングマンの定義に知らない単語が出てきても、とくにノートに意味を書き取る必要はないでしょう。あまり細かにやっていくと時間が足りなくなってしまいます。ロングマンを使ってボキャリノートを作る大きな目的は、なるべく多くの英文を意味ごとに読む訓練を積むことにあります。ボキャリノートに書き取ることが目的ではありません。
いまの学習をキープしていれば、かならずグッと伸びると思います。がんばって下さい。

36karanoeigo

ロングマンの基本2000単語集知りませんでした。一番最後にありますね。これは良いですね。
ひと目8割はクリアしてるような気もするんですが、知らない単語もありますので、一度チェックしてトイレとか目に付くところに貼って、常に触れるようにしようかと思います。
ありがとうございました。

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

NHK時計(木目調)

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

FC2カウンター

プロフィール

tact

Author:tact
30代になり、「このままじゃいけない気がする」とは常々思いながら、単調な毎日を過ごしてましたが、「大人の英語独学マニュアル」というブログを偶然見つけて非常に感銘を受けました。

中学2年の英語の教科書が思うように理解できないレベルだったのですが、自分でも出来るかもしれないと思い、2006年8月から英語学習を始めました。

今まで、英語学習をしている方の様々なブログを読ませていただきましたが、皆さんもともと学生時代に英語が相当出来る方達ばかりです。私のように低レベルから、英語を再学習する人のブログは殆どありません。
果たして自分にも英語を習得することは出来るのかと不安でしたが、そんな低レベルからの成長過程が、これから英語を再学習しようと思う人たちの励みに少しでもなればと思っています。

現在は英検準1級を目指して勉強中です。

目指すレベルは辞書を引かずに洋書を楽しめるようになる事です。

ブログリスト

お気に入りブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。